柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

トップ健康保険のしおり健康保険を正しく利用する>柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

●健康保険証でかかれないことがありますので、ご注意ください!!

整骨院や接骨院などの柔道整復師に、健康保険でかかられる方が増えています。ところが、柔道整復師から健康組合に届いた請求内容をみますと、本来、健康保険が使えないケースで、誤って健康保険でかかっている例が時折見受けられます。

健康保険で使えて自己負担だけを支払えばよい場合と、健康保険がきかないため全額自己負担になる場合がありますので、ご注意ください。

整骨院・接骨院で健康保険が使えるのはどんな場合??

整骨院・接骨院で健康保険が使えるのは、外傷性の捻挫・打撲(肉離れ等)骨折・脱臼だけです。骨折や脱臼については医師の同意が必要です。応急処置など止むを得ない場合には、医師の同意がない場合でも施術が受けられますが、応急手当後の施術には、医師の同意が必要です。

☆☆ご注意ください☆☆

整骨院・接骨院等で施術を行う柔道整復師は医師ではありませんので、整骨院・接骨院等では、外科手術を行ったり薬を投与したり、レントゲン検査をすることはできません。

次のような場合は、整骨院・接骨院で健康保険が使えません!!

日常生活による単純な疲労や肩こり・腰痛・体調不良

スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛

病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニア等)からくる痛みや凝り

脳疾患後後遺症等の慢性病

症状の改善が見られない長期の施術(応急処置を除く)

↓↓

「全額自己負担になります」

柔道整復師にかかるときの注意事項

負傷原因を正確に伝えましょう。
外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害に該当する場合は、健康保険は使えません。また、交通事故に該当する場合は、ニチレイ健保組合に連絡することが必要です。

療養費支給申請書の負傷原因、負傷日、日数、金額をよく確認し、必ず自分で自著(サイン)をしてください。
療養費支給申請書は、受療者が柔道整復師にニチレイ健保組合への請求を委任するものです。白紙の用紙にサインするのは間違った請求につながりますので、ご注意ください。

病院での治療とは重複できません。
同一の負傷について同時期に整形外科の治療と 柔道整復師の施術を重複して受けた場合は、原則として柔道整復師の施術料は全額自己負担となります。

施術が長期にわたる場合、内科的要因も考えられますので、医師の診断を受けましょう。

●健康保険組合からのお願い

柔道整復師の請求の中には、健康保険の対象とならない施術の請求や架空請求・水増し請求といった不適切な請求も一部見受けられます。そこで、ニチレイ健保組合では皆様の保険料を有効活用するために、専門の業者「鞄血v電算」に委託し、整骨院・接骨院からの請求書の内容が正しいかどうかを確認しています。特に治療確認については、皆様のもとに書面等でお送りすることがありますが、照会があった場合には是非とも回答のご協力をお願いします。

委託業者:株式会社 東計電算

この照会によって得た個人情報は、当該事業実施の目的のみに使用します。

関連のページへ

はり・きゅう・漢方治療など

このページの一番上へ