はり・きゅう・漢方治療など

トップ健康保険のしおり病気やケガをしたとき>はり・きゅう・漢方治療など

●はり・きゅうの場合

医師の同意書の交付を受けて、神経痛やリウマチ、五十肩、腰痛症など慢性的な痛みのある病気で、鍼灸師の施術を受けた場合に限り、健康保険の給付が受けられます。

●あんま・マッサージの場合

イラスト医師の同意書の交付を受けて、筋マヒや関節拘縮などで医療上マッサージを必要とする症例に限り、健康保険の給付が受けられます。単なる肩こり、腰痛などのような症状で受療した場合には、健康保険で受けられず、自費診療となります。

●柔道整復師の場合

業務上災害以外・通勤災害以外の外傷性が明らかな傷病で、骨折、不全骨折、脱きゅう(応急手当を除き医師の同意が必要)、または、打撲、捻挫、出血していない肉離れにより、柔道整復師の施術を受けた場合の療養費は健康保険の対象になります。

柔道整復師にかかった場合、本来は償還払いとして、患者はいったん医療費を全額自己負担し、あとで健康保険組合に申請して払い戻しを受けます。
ただし、柔道整復師が、地方厚生(支)局長と「受領委任払い」の協定を結んでいれば、通常の保険治療と同様に、一部自己負担のみで治療を受けることができます。

●漢方療法の場合

漢方で治療をしたいという人が増えていますが、漢方薬には原則として健康保険がききません。しかし、よく使われる配合エキスおよび生薬には、健康保険の対象となるものもあります。

関連のページへ

柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

このページの一番上へ